米国はどのように雇用を増やし米国民の収入を増やすことができますか

オバマ政権下でもたらされた課題

 オバマ政権は、オバマケアで貧しい人々の救済を試みましたが、米国内で貧富の差が広がるという状況が進展しました。お金持ちの人たちはますます収入が増えましたが、貧しい人々はますます貧しくなっていきました。そして、米国のGDP自体は増加したのですが、中間層の収入はあまり、増えませんでした。 

さらに、確かにオバマケアは現状の取決めだと米国政府の負債を増やす一方なので、現在の取決めのままでの存続は難しいと考えられます。
 貧富の差が広がるならば、国民の不満が大きくなり、国民が分断されることになりますから、米国政府としては、一般市民の経済状況を改善する必要があります。そのためには、確かに、貧困層に雇用を与えること、一般市民の収入を増やす努力が必要になります。


②どのようにして一般市民の収入を増やすことができますか

 一般市民が貧しくなる理由は、どこの国でも同じだと思いますが、まず、一般的に母子家庭が増えると貧しくなります。離婚が増加すると、家族を支える働き手は二人から一人になりますから、貧困層が増えることになります。また、普通、男性よりも女性の賃金の方が低いので、母親が家庭の家計を支える母子家庭は、貧しくなります。

[
母子家庭が増えれば増えるほど国家の貧困層が増え、外部からの援助の必要が家族が増えることになります


 ですから、結婚制度を重んじて、母子家庭が増加しないようにする必要があります。そのためには、聖書のキリスト教の家族を重んじる教えを推進することが助けになります。聖書の中では結婚は基本的に生涯の取決めです。聖書は離婚をすることを認める理由として、淫行だけを認めています。

 そして、聖書は、夫を頭として妻が協力するように勧めています。また、聖書は勤勉を勧め、家族を養うことを勧めています。この家族の取決めができる限り守られる時、国家の経済も安定することになります。

 それで、米国で無神論が進展していますが、家族制度を固持する聖書の教えを守っているキリスト教のグループを擁護し保護することは、米国の家族制度を守り、人々が経済的に安定した生活をするよう助けます。

 
エホバの証人、再洗礼派、フッター派、メノー派、アーミッシュ、クエーカー教徒、その他の聖書に忠実なキリスト教の聖書教育を保護・推進することは米国での家族制度が守られ、貧困層が生み出されないように防壁となるはずです。



[
Michael Sprague
2003 Honolulu International Convention 46
エホバの証人などの家族関係を擁護する宗教を保護することは米国の家族を強固にするのに貢献します



>③教育に力を入れている諸国家で経済状況が良くなっています

 教育に力を入れた諸国家の経済状況が好転したという例はたくさんあります。発展途上国の東アジアは国家として教育に力を入れました。日本企業が東アジアに工場を作り、東アジアの人々も教育に力を入れたので、日本企業も東アジアの人々を雇用することができ、そこの経済生活もある程度向上しました。


 シンガポール、台湾、香港なども教育に力を入れ、それらの国々は、近年経済的に発展しています。国際的な学力テストの結果は、それらの国々が上位にいることを示しています。ですから、教育程度が経済状況に影響するのは事実です。



Mateusz War. / Wikimedia Commons
A panoramic view of the skyline of the Central Business District of Singapore with ships in the foreground.
シンガポールは学力テストが世界で上位にありますが経済的に発展しています−教育と経済は関係があります


 中国や韓国などでも、教育に力を入れ、有能な良い人材が豊富に存在しています。それが必ずしもいいとも思いませんが、中国の一部や韓国は、学歴社会で受験勉強の圧力がし烈であることが知られています。そのため、中国や韓国は近年経済的に発展しました。

⑤ドイツの輸出の増加の要因

 ドイツは、人口減少にもかかわらず、近年順調にGDPも、輸出額も増えています。ドイツの輸出量は増え続けGDPの中で大きな割合を占めるようになっています。それは、教育に力を入れているからでもあります。ドイツは大学教育を無償化しています。また、ドイツは、ドイツにとっては外国語の英語教育に力を入れているので、中小企業が積極的に輸出に携わることができます。

 ドイツも以前から政府として教育に力を入れており、大学教育を無料にしました。また、ドイツでは、一般の人々の学習レベルが向上したようであり、中小企業がドイツにとっては外国語の英語を用いて輸出に積極的に携わっています。その結果、中小企業の輸出量が伸びています。

 ですから、政府として教育に投資をすることは国家の経済力の発展に貢献することになります。それで、米国が自国民の収入を増やすためには、単に他国の優秀な人材を自国に米国は大学教育が非常に高額で、大学教育が受けられない人もいると言われています。呼び寄せるだけでなく、米国の一般の人々、中間層の人々の人材の質を高める必要があります。


フィンランドが教育に力を入れ不況から脱した事


 フィンランドは大学を無料化して、落ちこぼれをださないような方策をとりました。フィンランドは不況でしたが、そのような方策の後、不況から脱し経済状況が好転しました。そのため、多くの国々の経済発展に貢献しているのは、発展途上国でも先進国でも教育に力を入れていることです。


 ですから、大学教育の無償化は難しくても、ある程度の額の無償の奨学金を提供するような取決めは、一般の人々が現在の雇用情勢に対応するように助けると考えられます。


原発から再生可能エネルギーに転換していくことは経済的なメリットがあります


 さらに、ドイツは、再生可能エネルギーに力を入れ、周辺諸国への売電量が毎年増加しています。つまり、輸出が増えていることになります。米国もやはり、原発ではなく再生可能エネルギーに引き続き力を入れることは経済の発展につながっていくはずです。


⑧他国との平和な関係や国民感情が輸出に影響する事 

 また、米国が政体の主義が少し異なっても、中国と平和裏に貿易をすることにより、益を得ているように、ドイツも中国との平和な関係を求めて、中国への輸出が増加しています。ドイツの首相が中国に出かけて平和外交に努力を払っています。それで、他国との平和な関係を築くならば、輸出が増える結果になります。

 日本の車の中国での販売量がドイツの車の販売量よりも少なくなりました。日中の尖閣問題が中国の一般の人々の国民感情に影響したと考えられます。ですから、このことから、米国との他国との平和な関係は米国の輸出の伸びに影響すると言えます。


 結論として他国と平和外交に努力をすること、家族の取り決めを尊重し、家族が崩壊しないようにすること、教育に力を入れることなどによって国民の経済状況を好転させ個々の国民の収入を増やすことができます。